出会い系サイトの認可番号って何ですか?


チラッと小耳にはさんだんだけど、出会い系サイトを利用する際に注意すべき認可番号って何だろう、そんな疑問を持っている人がいるかもしれません。あまり気にならないという人も多いでしょうが、認可番号というのはまったく意味のない情報ではないので、知っていればもしかすると、役に立つときが来るかもしれません。

あまりこういうことに詳しくない人がいるかもしれませんが、出会い系サイトを運営するためには、許可が必要なのです。許可というのは国の許可です、国の許可なしに、誰でも簡単に出会い系サイトを運営できるということになってしまうと、悪徳な業者がどんどん集まってきて出会い系サイトを運営するようになり、間違いなく今よりもずっと悪徳な出会い系サイトの数が増えてしまいます。

悪徳な出会い系サイトがはびこるのを防ぐために、日本の法律では風営法というものが規定されていて、この法律があるおかげで、日本には悪徳な出会い系サイトがそんなにはびこらずに済んでいるのです。とはいえ残念ながら、たとえこの法律があっても悪徳な出会い系サイトは完全にゼロになるということはありません。悪徳サイトの運営者は、あの手この手を使ってこの法律から逃れようとします。とはいえ、本当にたくさんの出会い系サイトがこの法律によって摘発されています。

出会い系サイトを選ぶ際には、そのサイトが運営されている年数をチェックしろというようなことがよく言われますが、これはきちんと理にかなった意見なのです。というのも、もし悪徳な出会い系サイトがあった場合、そのサイトは国の摘発を受けることになってしまいます。

国に摘発された出会い系サイトは、当然のことながら運営を続けていくことはできないので、ネット上から消えることになります。早ければ、本当に運営開始から半年などと言った短いスパンで出会い系サイトが消えるということも珍しい話ではありません。

悪徳サイトは、すぐに消えてなくなってしまうのです。とはいえ、たとえ一つのサイトが消えたとしても、そのサイトを運営していた人間までがすぐに消えていなくなるわけではないので、たいていの場合は一つの悪徳サイトが摘発されてもまたすぐに新しい出会い系サイトを立ち上げるということを繰り返します。

たいていの場合、出会い系サイトの利用者は、そのサイトを運営している人々の動向までを細かくチェックすることはできないので、一つの出会い系サイトが摘発されたとしても、運営者たちはそのサイトの名称とアクセスするためのアドレスを変えるだけで、割と簡単に悪徳サイトの運営をやり直すことができてしまうのです。

そう言った事情があるので、優良な出会い系サイトを選ぶ努力は絶対にすべきなのですが、どれが優良なサイトなのかわからないという人のために、認可番号というものが一つ参考になると思ってください。ガチで悪徳なサイトの場合は、出会い系サイトとして運営していく際に国からの認可を受けることができないので、サイトに認可番号が付いていないのです。

長く続いている出会い系サイトは優良なものが多いといわれますが、それは本当のことです。運営期間が短いサイトというのは、要するに運営をスタートさせてもすぐに摘発されてしまう悪徳サイトということになるので、くれぐれもそういうサイトを選ぶべきではないのです。

老舗のサイトという言葉は馬鹿になりません。特に最近の若い人は、老舗のサイトよりも出来立てほやほやの新しいサイトのほうが、サイトのシステムなどが整備されていて利用しやすいのではないかと勘違いしているようですが、言葉の表面的な意味合いだけに騙されてはいけません。

2016年の出会いの形は【無料出会い