不倫サイトでセックスする相手を求めている


昔の人たちは不倫したいと思っても方法がありませんでした。となりの奥様に欲情がそそられるものの隣りの奥様に手出しすることは出来ませんし。隣りの奥様だって一度セックスをすればなんてことないということになるのかもしれません。 ひょっとしたらウチの奥様の方が美しいのかもしれませんが、とにかく一度やってみようにも隣りの奥様は人の奥様でありタブーです。

タブーだから、そのあたりにはただただ価値も備わりやってみたい!と思っているのです。タブーというものは本来いけないもののはずです。しかし、いつの間にかタブーというものにそのような魅力が備わってしまったようです。

私達は奥様に飽きている だから不倫したい

そして私達の家庭はといえば、セックスしようにも奥様1人、あれこれ道具を使いセックスをしようとするも、そんなの限界です。何か新しい工夫はないものかと、テレフォンセックスなどする訳です。テレフォンセックスは、相手の顔を見ないセックスのパターンであり、その方法なら、私は奥様とセックスをしている想像をせずに済むのです。

奥様だって、私以外の男性を想像してセックスをすることが出来ますし、それは、自分勝手にキムタクでもいいわけですし、私は、既婚者の北川さんのことなど想像してテレフォンセックスをしている訳です。そのようなテレフォンセックスが上手く行くと思っていたのですけどね。しかし、テレフォンセックスなんて上手く行かない…。だいたいテレフォンセックスで上手く行く人たちなんていらっしゃるのでしょうか。私はテレフォンセックスで、奥様のことも想像せず、ただ奥様のあえぎ声に、そのようなことばかり考えているのです。

国の法律がおかしい?

だいたい、結婚すれば、同じ相手とセックスしなければならないシステムがおかしいと言えばおかしいと思うのです。しかし、法律で、同じ奥様と何度もセックスしなさいと言っている訳ではありませんし。ここがポイントです。健全な国家は、奥様と旦那が結婚をして、一度セックスをして、子供が生まれれば、もうそれだけで、セックスはしないものと考えているのかもしれません。

その代わり子供は何人生んだって構わないですよ。ただそれ以外の問題ならみだらな発想など持たず、仕事に専念しなさいというお国の方針なのかもしれません。そうです、奥様と何万回とセックスをして飽きたと言っている場合ではないのです。セックスは遊びの道具かといえば、昔の人たちはNOと主張したいのです。

セックスは遊びの道具ではない

セックスは遊びの道具ではない。そう現代社会の人たちも言い切り、もっと神聖なものとして扱いたいと思っているのです。しかし、みなさんはそうしたいものの、セックスは気持ちいいですからね、時代がたち、どんどんセックスは、気持ちのいい遊びのイメージとして膨らんでくることになります。昔は、気持ちいいセックスでも、わびながら、一週間に一度程度にしておきましょうという流れであったのが、どんどん過剰化して、三日に一度、一日に一度、一日に三度、一時間おき…ということになって行くのです。

みなさんもきっと頷いてくれるものかと思いますが、世の中の流れは、任せておけばどんどん過剰方向へと流れていくものです。ですから規制というものも必要ですし。セックスが、結局一時間おきにならないというのは、私達にも時間の都合というものもあり、飽きるということを覚えるからです。セックスというものが、遊びの道具として使われるのは、もともとも神聖な道具としての思いが強いためなかなか不愉快とも思います。だから、セックスをしたい人たちは、それを愛のためという置き換えもしている訳です。

セックスをすれば、するほど愛が強いという置き換えをしているのです。この考えなら、遊びとしての道具よりも全然マシであり、再びセックスを神聖な場所へと戻すことが出来るかもしれません。でも、その愛が怪しい…。

大手不倫サイト.com